ブックマークレット

日本語エラーチェック

ブックマークレット

ブックマークレットとは、ブラウザのブックマークとして登録できる、JavaScriptで書かれたプログラムのことです。enno.jpでは、お使いのブラウザに表示されている日本語を選択して素早くチェックするためのブックマークレットを提供しています。

新機能: SSLサイトをブックマークレットでチェックできるようになりました(従来はenno.jpがSSL化されていなかったためSSLサイトからenno.jpのJavaScriptを呼び出せませんでした)。

注意:

このページの下に記載されている「使用上の注意」をよく読んでからご使用ください。

今後運営側がブックマークレットを更新した場合、既存のブックマークレットは運営側で無効にし、「ブックマークレットを更新してください」というメッセージのみ表示されます。その場合は、お手数ですがこのページから更新済みブックマークレットを再度登録してください。

ブックマークレットの登録方法

このページの上の方にある「日本語エラーチェック」というベージュ色のバナーをクリックして押しっぱなしにし、そのままブラウザの上のブックマークツールバーにドラッグ&ドロップします(以下の図を参照)。※ブラウザによって登録方法が異なることがあります。

ブックマークレットをブラウザに登録する方法

あるいは、ベージュ色のバナーを右クリックし、リンクアドレス (URL) をコピーして手動で登録することもできます。

ブックマークレットの使い方

  • チェックしたいテキストをブラウザ上で選択します。Ctrl+A (Macであれば⌘+A) キーを使用すればブラウザ上の全テキストを一度に選択できます。
  • ブックマークレット [日本語エラーチェック] をクリックします。
  • 確認のダイアログボックスが表示されます。
  • ブックマークレット実行時の確認ダイアログボックス
  • [OK]をクリックすると、3秒待ってからenno.jpの結果表示ページに移動し、チェック結果が表示されます。
  • ヒント: 公式の機能ではありませんが、[OK]を押した後3秒以内にブラウザのタブまたはウィンドウを閉じれば送信は行われません。多くのブラウザではCtrl+w (Macなら⌘+w) キーでタブを閉じることができます。この待ち時間はJavaScriptで設定しているため、正確な3秒からわずかに異なることがあります。

    使い方を説明するアニメーション
    • テキストを選択していなかった場合はその旨を示すダイアログボックスが表示され、何もせずに終了します。
    • テキストが選択されていないことを示すダイアログボックス
  • ブラウザの[戻る]ボタンで元のページに戻ることができます。
  • 使用上の注意

    くれぐれも、インターネット上に流すべきでないテキストをチェックしないようお願いします。送信すべきでないテキストには、個人情報を含むテキストや、ユーザーが所属する組織のポリシーで組織外への送信が禁止されているテキストなども含まれます。

    安全には注意しておりますが、本ブックマークレットはenno.jpと同様自己責任でお使いください。enno.jp運営は、本ブックマークレットを使用したことによって生じたいかなる損害についても保証および対応を行いません。

    基本的にenno.jpの使用上の注意と同じ注意が必要です。使い方およびEnnoについてを参照してください。

    Mac版のChrome、Firefox、Safari、Operaで動作を確認しています。Internet Explorerでは動作しません

    ブックマークレットを改変しないでください。

    今後ブックマークレットを改定した場合、enno.jp上にあるJavaScriptをいったん無効にして、新しいブックマークレットへの入れ替えを促すメッセージを表示します。具体的には運営者がhttp://enno.jp/javascripts/bookmarklet-24c9ba3da6e35fdf866e9341d90e7842.jsを無効にし、更新をうながすメッセージのみを表示することで、現在のブックマークレットが無効になります。更新が行われると、既存のJavaScriptファイル名のランダムな文字列(MD5: 後述)は内容と一致しなくなります。

    将来ブラウザのセキュリティ設定が変更された場合、ブックマークレットが利用できなくなる可能性があります。

    将来ブックマークレットに重大なセキュリティ問題が発見された場合、ブックマークレットの提供および連携動作するJavaScriptへのアクセスを予告なく停止することがあります。具体的には運営者がhttp://enno.jp/javascripts/bookmarklet-24c9ba3da6e35fdf866e9341d90e7842.jsを無効にすることで、すべてのブックマークレットが無効になります。

    参考: ブックマークレットの動作について

    このブックマークレットは、ブックマークレット自身のJavaScriptと、enno.jpサーバー上のhttp://enno.jp/javascripts/bookmarklet-24c9ba3da6e35fdf866e9341d90e7842.jsの2つのJavaScriptから構成されています(以後サーバー側のJavaScriptを本体と呼びます)。jQueryなどの外部ライブラリは使用していません。

    ブラウザに配置するブックマークレットは本体を呼び出すためだけに使用されています。ブックマークレット自体のJavaScriptは以下のようになっています(注:開発中のスクリーンショットなのでファイル名などがリリース版と異なることがあります)。

    ブックマークレット側のソースコード(エンコード前)

    ブックマークレットのJavaScriptは、http://enno.jp/javascripts/bookmarklet-24c9ba3da6e35fdf866e9341d90e7842.jsを読み込んで実行します。

    上のコードは、バナーにする際に日本語をエンコードし、文字化けを防止しています。実際のブックマークレットでは以下のようにエンコードされています(ツールなどでデコードすればブックマークレットの実際のJavaScriptを確認できます)。

    ブックマークレット側のソースコードをエンコードしたもの

    ブックマークから実行される本体http://enno.jp/javascripts/bookmarklet-24c9ba3da6e35fdf866e9341d90e7842.jsの動作は以下のとおりです(上のリンクをクリックすると実行なしにコードを参照できます)。

  • ブラウザでテキストが選択されていなければ処理を中止
  • ブラウザでテキストが選択されていれば、3秒待ってからhttp://enno.jp/の日本語チェックにテキストを送信し、http://enno.jp/checkに移動して結果を表示する
  • 本体のJavaScriptの動作は、基本的にはhttp://enno.jp/でテキストを貼り付けてボタンを押したのと同等であり、これ以外の動作は行いません。

    3秒の遅延実行はJavaScriptのタイマーで行っているため、遅延時間は実行環境によってわずかに違うことがあります。

    bookmark-xxx...jsの「...」の部分に含まれているランダムな文字列はMD5と呼ばれる一種の指紋であり、bookmark-xxx...jsの内容から一意に生成されます。ファイルの内容が1文字でも変更/改ざんされると、ファイルの内容から生成するMD5の値はファイル名のMD5と一致しなくなりますので、変更があったことを突き止めることができます。

    ブックマークレットまたは本体の更新が行われる場合にのみ、本体JavaScriptの内容をコメントアウトして無効にし、後半のメンテナンス用コードをコメント解除して有効にします。このとき本体JavaScriptファイル名に含まれるMD5は一致しなくなります。