Ennoについて

official logo Ennoは日本語エラーチェックのサービスを行っています。このサイトでは、日本語のタイポ、スペースのエラー、誤字脱字、変換ミス、入力後の編集ミス、文字化けをチェックします。日本語に英語など他の言語の文を含めることもできます。サービスは今後変更の可能性があります。

利用規約

前文

本利用規約は、以下に規定される「日本語エラーチェック利用規約」「個人情報の取扱いについて」により構成されます。本利用規約はこれら構成する要素全てを含むものとし、Enno(以下、「運営団体」といいます)により提供される本利用規約に関係するサービスの利用者(以下、単に「利用者」といいます)によるこれらのサービスの利用は、これらの構成要素全てについて同意したものとして取扱われます。

なお、本利用規約に関係するサービスの利用に際して、利用者が未成年者の場合には必ず親権者の同意を得ていることを条件とし、運営団体は、本利用規約に関係するサービスを利用した時点をもって親権者の同意を得ているものとみなします。

本利用規約は日本法を準拠法とし、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。本利用規約の表示は全て日本語により表示され、日本語のみにより解釈されます。

本利用規約は、運営団体の判断により事前の予告なく任意に変更できるものとします。利用者は変更された時点での内容に同意しているものとみなされ、利用者はこれに同意します。本利用規約に関係するサイトは、事前の予告なく任意の理由で提供サービス内容の変更及びサービス提供を中断・停止する場合があります。

本利用規約に取り消し線が表示されている場合、その規約が以前は有効であったがその後無効になったことを表します。無効である旨を表示した旧利用規約ページについては、そのページ上の利用規約自体が無効です。

日本語エラーチェック利用規約
利用規約の適用

本利用規約は運営団体が運営する日本語チェックサービス「Enno」(以下本サービス)の利用に関して適用されます。

運営団体の対応

利用者による禁止事項に該当する行為を確認した場合、運営団体は自己の判断により利用者に対する事前の告知なく利用者が登録したアカウント情報の削除、書き込みの削除を含めた対応を行います。

運営団体が検討の結果やむを得ないと判断した場合、禁止事項に該当することが明確でない場合でも利用者に対する事前の告知なく利用者が登録した情報の削除、書き込みの削除、その他の対応を行うことがあり、利用者はこれを承認します。

以下の重大事項に該当すると判断された場合、当該行為の記録並びに当該行為を行った利用者に関する全ての情報(当該利用者の個人情報、アカウント登録に関連する全ての情報、その他利用者による本サービスの利用に関する全ての情報、運営団体が確認したIPアドレス及びタイムスタンプ等ネットワーク上の全ての情報を含みます)を保存・開示・捜査機関等への提供を行なうことができるものとし、利用者はこれに同意します。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命・身体又は財産の保護のために必要がある場合
  • 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために必要がある場合
  • 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要があって本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  • 第三者の権利を侵害している行為に対するクレームに対応するために必要と運営団体が判断した場合
  • 運営団体構成員のプライバシーを含む権利が侵害される恐れのある場合
  • その他運営上必要であると運営団体が判断した場合

運営団体は、利用者がチェックのために本サービスに送信した文言の著作権については利用者に属するものとみなします。これらの著作物に対して自動でのエラーチェック以外の関与を行なうことはなく、管理者が著作物の内容またはその一部を監視・保存・改竄・転用することもありません。本サービスではエラーごとのカウント数のみを集計します。ただしアクセスがあったIPアドレスや日付時刻など、サーバー管理上の常識的な項目は一定期間保存されます。

上項目と引き換えに、利用者がチェックのため本サービスに対して文言を送信後、紛失あるいはエラーが生じた場合の対応および保証は行えなくなります。本サービスは常にベストエフォートで提供されます。

本サービスにおける利用者からのメールフォーム送信内容は管理者宛にメール送信され、内容吟味のうえ本サービスのエラーリストに登録されます。登録されたことをツイッターなどで通知する最小限の情報以外はここから引用されることはありません。メールフォーム送信に個人情報など不適切な情報が含まれていたことが確認された場合はその場で削除します。フォーム送信内容が重大事項に関連すると判断される場合は、先に述べた重大事項に関する項目の判断に基いて一般非公開で捜査機関等に提供する場合があります。

禁止事項

利用者による本サービスの利用に際して、以下の行為を禁止します。

  • 本アプリに対する一切のリバース・エンジニアリング。 本アプリの機能を無許可で第三者に提供・共有・配布すること(例:画面共有、仮想コンピュータにインストールして配布すること、機能のAPI化、プロキシ経由での共有)。
  • 本アプリを不正にコピーすること。
  • 本アプリの名称・ロゴ・画面構成・デザイン・機能・操作法、エラーパターン(またはそれらの一部)を無断で他の商用アプリに盗用・採用すること(ここで商用とは、アプリの販売、広告掲載による収入・課金・有料API提供・別アプリへの同梱・別アプリへの機能追加を含むすべての営利行為を指す)。
  • 法令に違反する行為及び違反する行為を幇助・勧誘・強制・助長する行為
  • 本サービスのサーバーに過度の負担を及ぼす行為
  • 本サービスの運営を妨害する行為
  • 他の利用者が本サービスを利用することを妨害する行為
  • 公職選挙法に抵触する行為
  • 他人の名誉、社会的信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権、著作権その他の知的財産権、その他の権利を侵害する行為(法令で定めたもの及び判例上認められたもの全てを含む)
  • 他の利用者への中傷、脅迫、いやがらせに該当する行為
  • 差別につながる民族・宗教・人種・性別・年齢等に関する表現行為
  • 自殺、集団自殺、自傷、違法薬物使用、脱法薬物使用等を勧誘・誘発・助長するような行為
  • 性交及びわいせつな行為を目的とした出会い等を誘導する行為
  • 性的、わいせつ的、暴力的な表現行為、その他過度の不快感を及ぼすおそれのある行為
  • 児童買春・ポルノ、無修正ビデオ動画のダウンロードサイト等へのリンク掲載
  • 運営団体の許諾を得ない売買行為、オークション行為、金銭支払やその他の類似行為
  • 運営団体の許諾を得ない商品の広告、宣伝を目的としたプロフィール内容の公開、その他スパムメール、チェーンメール等の勧誘を目的とする行為
  • 他人の名義、その他会社等の組織名を名乗ること等による、なりすまし行為
  • 公序良俗、一般常識に反する行為
  • その他上記に準じる行為及び運営団体が提示するガイドライン等において禁止される行為
免責事項

利用者が本サービスを利用する場合、運営団体は本サービスによって提供される情報の正確性、合法性、道徳性、最新性、適切性などについて保証しません。

運営団体は、本サービスを利用したこと、本サービスを利用できないこと、本サービスからのリンク先を利用したこと、本サービスからのリンクが利用できないことによって引き起こされたいかなる損害についても、直接的又は間接的な損害を問わず一切責任を負わないものとします。本利用規約の条項のいずれかに利用者、又は他の利用者が違反した場合も、利用者は運営団体に対しての主張、訴訟その他全ての法的措置から運営団体を免責するものとします。本サービスの利用により発生した通信料について利用者に争いが生じた場合も、運営団体は免責されるものとします。

個人情報の取り扱いについて
基本方針

運営団体は、利用者により良いサービス・商品を提供するために、個人情報の適正な収集、利用の基準と運用についての具体的なルールを定め、利用者の個人情報を大切な財産として適切に取扱います。

運営団体は、個人情報保護法及びその他の関連法令を遵守します。

運営団体は、個人情報保護の責任者を決めルールに則り適正に取扱われているかチェックを行い、発見された問題については常に改善していきます。

運営団体は、個人情報の正確性を保ち、個人情報が社外に漏れたり不当に改ざんされたりするなどのトラブルによって利用者にご迷惑をおかけしないよう、技術的な安全対策を整備します。

適用範囲

本方針は、利用者が、運営団体の提供するサービスを利用するときに適用されます。

運営団体の提供するサービスから遷移する広告先のサイトを利用した結果広告サイトによって取得された個人情報については、運営団体は責任を負うことができないため、本方針の適用範囲外といたします。

利用目的

運営団体は、利用者から明示的に本サービスのメールフォームを経由して個人情報が送信された場合にのみ、管理者宛のメールとしてこれらの情報を参照することができます。運営団体はこの個人情報を以下のように取り扱います。

  • 運営団体の提供するサービスの提供・運営のために保存
  • ご質問の受付・調査・回答に使用
  • 不適切と思われる情報、サポート上不要な個人情報を含む場合は削除
免責

個人情報の漏洩等がないよう運営団体は法律その他の規程に基づき適切にサービス運営を行いますが、以下の場合に、第三者が個人情報を取得したことにより発生したトラブルについては免責されるものとします。

  • 利用者自らがサービス上の機能又は別の手段を用いて他の利用者の個人情報を明らかにする場合
  • 他の利用者がサービス上に入力した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合
  • その他運営団体に過失がないにも拘わらず発生した漏洩等の事故
問い合わせ窓口

運営団体へのお問い合わせについては、応募フォームをご利用ください。返信用メールアドレスを除き、個人情報や機密情報は入力しないでください。